タグアーカイブ CBDグミ

投稿者:ドンキホーテ・CBDグミ

CBDグミは目が覚める?160から600mgくらいであれば睡眠誘発効果

CBDグミは目が覚める?160から600mgくらいであれば睡眠誘発効果

長く寝たはずなのに翌朝すっきりと目覚められない・疲れが取れていない・そもそもなかなか眠れない・睡眠時間が取れない、「眠り」に対する悩みを抱える現代人は多いです。

たかが眠りと侮るなかれ、眠っている間に身体や脳の疲れを癒し活性化しているのです。

それが出来ずにいると次第に不調が溜まっていき、大きな病気が引き起こされても不思議ではありません。

その為に睡眠外来を訪れる方もあり、ただそこでもらった睡眠薬・睡眠導入剤が合わなかった場合、翌朝もまだ眠くて覚醒出来ない・日中にまで眠気がやってきて困ると不満を感じることもあります。

何しろ強制的に眠りを誘発する薬、自然の摂理に逆らっての作用は副作用が出てもおかしくはありません。

むしろおすすめは、今話題となっているCBDです。

リラックス効果を持つCBD、不安も軽減してくれるのであれこれ悩んで眠れなくなっている方も落ち着いて眠りの世界へといざなわれて行けるはずです。

その一方でCBDもまた「眼が冴えてしまった・覚醒して眠れなくなった」という声があるのは事実です。

CBDには「集中力アップ・覚醒させる」といった作用もあり、この二面性ゆえに使い方への難しさはあるようです。

だからといって用心のためにと少量しか使わないのは返って逆効果に、低用量だと刺激剤となることが研究で分かりました。

眠気を引き起こすのはCBD以上にTHCが良いよう、組み合わさっている製品であればどちらかの効果が優勢になってしまうといったことはなく、ちょうどいい感じに作用してくれます。

とはいえTHCは日本では禁止されている成分ですから、どちらも1対1で配合された製品は海外では出回っていますが手にすることは難しいようです。

それではどうすれば良いかというと、CBDが高濃度で入っている製品を使用することです。

1日当たり160から600mgくらいであれば睡眠誘発効果がかなりの確率で起こります。

濃度によって全く逆の効果をもたらすCBD、その複雑さもあり研究がまだまだ途中段階にあるというわけです。

人それぞれの体質でも違いは出てきそう、自身で試してちょうど良い濃度を見つけ出すしかないのです。

投稿者:ドンキホーテ・CBDグミ

CBDグミは日本の一般的な薬局には置いていない!

CBDグミは日本の一般的な薬局ドラッグストアには置いていない!

CBDの名を聞くことが多くなり、興味を持って自身でも試してみたいと薬局やドラッグストアに行ってみたという方もいるでしょう。

でも見つからなかったはず、日本の一般的な薬局には置かれていません。

少しずつ広がっているとはいえまだまだほとんどの国民に認知されているとは言えないCBD、並べてあっても怖がって誰も買わないような製品を置いておくような場所はないわけです。

あってヘンプの種由来のヘンプシードナッツがあるくらい、ですが価格帯も用途も全く異なりCBDを使ってみたいという方の心を満たすことにはならないでしょう。

というわけで、通販購入が一般的です。

直接専門店に買いに行くことも出来ますが、限られているので地方に住んでいる方はまず無理です。

それに通販の方が手軽に選べてポイント・割引といった特典もあり、こちらの方が絶対おすすめです。

通販と言えば大手のAmazonや楽天、ただこちらでもほぼ見つからないと思っておいてよいでしょう。

正規輸入販売サイトに行くのが確実です。

初回は会員登録とかの面倒さがあるものの、それ以降は個数と製品選びを行う程度・会員限定のクーポンなどもメールで送られてきますからお得になります。

まとめ買いも可能、その方が何パーセントか安くなることは多々あります。

わざわざ公式サイトのページを開いてといった手間も数か月に1度で良くなって、とはいえあまり一度に買い過ぎても置き場所に困るし品質にも不安が出てくるのでほどほどにしておくことにしましょう。

どんどん人気が高まっているがゆえにAmazonや楽天でももうしばらくしたら取り扱われるようになるかもしれません。

でもそれでもやはり公式サイトの方がおすすめです。

何しろアフターフォローも万全、何かあった時に電話相談できたりといったサービスはAmazonや楽天だとありません。

まだ新しい分野であるCBD製品、使ってみたがゆえに生まれてくる不安や疑問・解消されないままに使わなければならないとあればストレス解消のための製品で逆にストレスが溜まってしまいます。

それよりは専門に取り扱うサイトからの利用こそがいいのです。

ドラッグストアでも取り扱われるようになり、使い方などのフォローが受けられるまでにはまだまだ時間はかかりそうです。”