月別アーカイブ 2020年12月10日

著者:ドンキホーテ・CBDグミ

タバコに塗る方法・ジョイントにする方法もあるよ

タバコに塗る方法・ジョイントにする方法もあるよ

最近耳にすることが多くなったCBD、電子タバコを使用していてCBDリキッドの存在を知ってそこからといった流れで摂取する方が多数いるでしょうが、実はCBDにはリキッドの他にオイル・ペーストそしてワックスタイプと様々な展開がされているのです。

オイル・ペーストの場合、舌の下に数滴垂らして1分ほど留め呑み込むといったやり方となります。

ただ経口摂取の場合はどうしても胃酸にやられて吸収率が低下する傾向に、リキッドの蒸気摂取の方がおすすめです。

ワックスタイプも基本的には蒸気摂取、オイルなどと同じく経口摂取も出来ます。

お肌に塗っても良いのですが、広範囲に塗るのに適しているとは言えない製品ゆえにあまりおすすめは出来ません。

タバコに塗るもよし、ジョイントといって巻紙にワックスを塗って紙巻きたばこ状にし吸うというやり方もあります。

自身の好みに合わせて自由に取り扱える分、ワックスタイプはお勧めできるかもしれません。

ワックスという名ながらジェル状態のCBDワックス、その形状を保つためにも取り扱いには注意しましょう。

固まってしまった場合、品質には問題がないのでそのまま使ってくれてもいいもののさじですくいにくくストレスとなるのではないでしょうか。

その場合、湯煎にかけるとまたジェル状態に戻ります。

冷蔵庫に入れると固まってしまう、悪くなったらどうしようと冷暗所に保管する必要は無し・常温保管が基本です。

光が当たると変色してしまいます。

直射日光を避けるだけでなく蛍光灯などの光さえ当ててはいけないので、複数個まとめ買いする時など置き場所を確保したうえで注文した方が良さそうです。

ワックスとはいえジェル状ゆえに傾けたら漏れてしまう危険性があるし、ワックス特有の青臭さもあります。

濃度が高いので蒸気摂取だとむせてしまうこともあるし、それらのデメリットもあるのです。

CBDに興味を持った方、実は様々な形態があってそれぞれにメリットデメリットがある・摂取のやり方も違うし保管方法にも注意点がある、そういった情報も調べたうえでどれが良いか考えなければならないのです。

好みやライフスタイルの違いも関係してくるでしょうからどれが一番いいとは一概には言い切れません。

著者:ドンキホーテ・CBDグミ

ヘンプベイビーは個人輸入より日本の代理店がおすすめ!

ヘンプベイビーは個人輸入より日本の代理店「CBDMANIA」がおすすめ!

CBDという名称が聞かれることが多くなってきており、ぜひ試してみたいとドラッグストアに行ってみたという方もいるでしょう。

確かに健康や美容に良い効果をもたらすサプリメント的な存在ゆえにありそうなものですが、まだまだ知名度が高いとは言えず残念ながら置かれているところは稀でしょう。

海外を中心に出回っているCBD、個人輸入で買えば中間マージンがかからないのでお安く手に入るはず、今時の消費者ならそういった結論に達する方も少なくはありません。

ですがヘンプ由来のCBD、もしもTHCが混入していた場合にそれに気が付かず日本に入ってきてしまったら大変です。

ですから通関手続きがとことん面倒で、わざわざ日本の一消費者のために頑張ろうなんて考えてくれるメーカーはほとんどいないと思っておくべきです。

適当な書類で税関で止められてしまう・そこでTHCが含まれていることが分かった場合には注文して取り寄せようとした私たちが逮捕されるリスクもあって、なので個人輸入はとてもお勧めできません。

どうしても日本では手に入らないこの製品が欲しいという場合に利用する程度、リスクもあり商品到着までもやたらと時間がかかりますが、その覚悟がある人だけが選ぶやり方です。

それならどうするか、正規代理店から購入すれば良いのです。

それならきちんとした書類で無事税関を通過した製品のみが販売されています。

すでに日本国内に在庫を保有しているのですから注文からお届けまでの日数もかからない、不良品交換などもスピーディーです。

間違ってもTHCが含まれたような製品が届くようなことは無し、安全性と安心感があります。

ヘンプベイビー (HEMP BABY)もこの方法で手に入れるようにしましょう。

おすすめはCBDMANIAです。

日本の代理店であるこちら、信頼できるサイトとなっています。

体内に入れるものですから、不良品で重篤な症状が引き起こされても困ります。

犯罪者となるかもしれないというリスクはCBDならでは、他の個人輸入とは危険のレベルが違うのです。

もしも何かあっても自己責任となり日本の法律が守ってくれることは無し、そこまでして個人輸入を利用する意味はどこにも無いでしょう。

中途半端に知識がある方ほど陥りやすい罠、賢い消費者となるには自身でよく調べておかなければならないということです。

著者:ドンキホーテ・CBDグミ

CBDグミは目が覚める?160から600mgくらいであれば睡眠誘発効果

CBDグミは目が覚める?160から600mgくらいであれば睡眠誘発効果

長く寝たはずなのに翌朝すっきりと目覚められない・疲れが取れていない・そもそもなかなか眠れない・睡眠時間が取れない、「眠り」に対する悩みを抱える現代人は多いです。

たかが眠りと侮るなかれ、眠っている間に身体や脳の疲れを癒し活性化しているのです。

それが出来ずにいると次第に不調が溜まっていき、大きな病気が引き起こされても不思議ではありません。

その為に睡眠外来を訪れる方もあり、ただそこでもらった睡眠薬・睡眠導入剤が合わなかった場合、翌朝もまだ眠くて覚醒出来ない・日中にまで眠気がやってきて困ると不満を感じることもあります。

何しろ強制的に眠りを誘発する薬、自然の摂理に逆らっての作用は副作用が出てもおかしくはありません。

むしろおすすめは、今話題となっているCBDです。

リラックス効果を持つCBD、不安も軽減してくれるのであれこれ悩んで眠れなくなっている方も落ち着いて眠りの世界へといざなわれて行けるはずです。

その一方でCBDもまた「眼が冴えてしまった・覚醒して眠れなくなった」という声があるのは事実です。

CBDには「集中力アップ・覚醒させる」といった作用もあり、この二面性ゆえに使い方への難しさはあるようです。

だからといって用心のためにと少量しか使わないのは返って逆効果に、低用量だと刺激剤となることが研究で分かりました。

眠気を引き起こすのはCBD以上にTHCが良いよう、組み合わさっている製品であればどちらかの効果が優勢になってしまうといったことはなく、ちょうどいい感じに作用してくれます。

とはいえTHCは日本では禁止されている成分ですから、どちらも1対1で配合された製品は海外では出回っていますが手にすることは難しいようです。

それではどうすれば良いかというと、CBDが高濃度で入っている製品を使用することです。

1日当たり160から600mgくらいであれば睡眠誘発効果がかなりの確率で起こります。

濃度によって全く逆の効果をもたらすCBD、その複雑さもあり研究がまだまだ途中段階にあるというわけです。

人それぞれの体質でも違いは出てきそう、自身で試してちょうど良い濃度を見つけ出すしかないのです。

著者:ドンキホーテ・CBDグミ

ヘンプベイビーにメラトニンは入っていない?本当の理由

ヘンプベイビーにメラトニンは入っていない?本当の理由

そもそも日本では医薬品扱いなので一般の店舗では販売できない。海外から個人輸入出来るみたい。

メラトニンは眠りを司るホルモンです。

人間だけでなく動物も植物も持っているこちらは眠気を誘い、より深い眠りへと導いてくれるのです。

ただ光によって分泌量が調整されているため、眠る直前までスマホとかパソコンを触ってという現代人は不足しがち、それが眠りの質の悪さにもつながっているようです。

ヘンプベイビーは今話題のCBDが配合された製品、摂取することでリラックス効果が得られます。

ヘンプベイビーグミは摂取の手軽さと可愛らしさから大人気の製品となっています。

睡眠の30分前くらいに食べて眠ればいつも以上にぐっすりと眠ることが出来るでしょう。

鎮痛効果もあるので、歯痛や頭痛で眠れないという時にもおすすめです。

不眠症の改善におすすめのこちらの製品、ですがメラトニンは配合されていません。

何しろメラトニンが入った製品は健康食品ではなく医薬品、日本では医師の処方がなければ購入することが出来ないのです。

自閉症スペクトラム障害・ADHDといった神経発達症があり治療を行っている方が処方される薬に配合される形でメラトニンは日本にも存在しますが、一般の方が手にするような機会はありません。

明確な病気があるからこそ薬はもらえるもの、心をリラックスさせたいという程度で処方箋をもらうことなど出来ないのです。

それでも大丈夫、CBDもメラトニン同様に心身をリラックスさせてくれる効果を持っているのですから同じく効果は得られます。

むしろ美容や健康にも良い作用があって、だからこそヘンプベイビーは売れているのです。

ちなみに、メラトニンは入っていないもののCBD商品自体が違法薬物のTHCが配合されている危険性の高さゆえに日本ではまだほとんど出回っていないのです。

正規の代理店を通じて海外から購入するしかありません。

可愛らしいし健康効果も抜群、日本人にも多い睡眠障害を解消する薬にもなるのですから日本のドラッグストアなどで売られていたら大人気商品となりそうなものですが、まだ知名度も低くそのような光景が見られるのはもっと先となるでしょう。

そもそも、THCを入れないための税関の鉄壁があるからこそ我々の平和は守られているわけで、ちょっとした不便さは享受するしかなさそうです。

よそはよそ、日本で暮らしている以上は日本の法律の元で正しく手に入れるようにしましょう。

ちなみに、個人輸入だとその危険なTHCが入った製品を入れてしまう可能性が高まり最悪逮捕されてしまうリスクもあります。

正規代理店からの購入が安全で手っ取り早い方法です。

著者:ドンキホーテ・CBDグミ

CBDグミは日本の一般的な薬局には置いていない!

CBDグミは日本の一般的な薬局ドラッグストアには置いていない!

CBDの名を聞くことが多くなり、興味を持って自身でも試してみたいと薬局やドラッグストアに行ってみたという方もいるでしょう。

でも見つからなかったはず、日本の一般的な薬局には置かれていません。

少しずつ広がっているとはいえまだまだほとんどの国民に認知されているとは言えないCBD、並べてあっても怖がって誰も買わないような製品を置いておくような場所はないわけです。

あってヘンプの種由来のヘンプシードナッツがあるくらい、ですが価格帯も用途も全く異なりCBDを使ってみたいという方の心を満たすことにはならないでしょう。

というわけで、通販購入が一般的です。

直接専門店に買いに行くことも出来ますが、限られているので地方に住んでいる方はまず無理です。

それに通販の方が手軽に選べてポイント・割引といった特典もあり、こちらの方が絶対おすすめです。

通販と言えば大手のAmazonや楽天、ただこちらでもほぼ見つからないと思っておいてよいでしょう。

正規輸入販売サイトに行くのが確実です。

初回は会員登録とかの面倒さがあるものの、それ以降は個数と製品選びを行う程度・会員限定のクーポンなどもメールで送られてきますからお得になります。

まとめ買いも可能、その方が何パーセントか安くなることは多々あります。

わざわざ公式サイトのページを開いてといった手間も数か月に1度で良くなって、とはいえあまり一度に買い過ぎても置き場所に困るし品質にも不安が出てくるのでほどほどにしておくことにしましょう。

どんどん人気が高まっているがゆえにAmazonや楽天でももうしばらくしたら取り扱われるようになるかもしれません。

でもそれでもやはり公式サイトの方がおすすめです。

何しろアフターフォローも万全、何かあった時に電話相談できたりといったサービスはAmazonや楽天だとありません。

まだ新しい分野であるCBD製品、使ってみたがゆえに生まれてくる不安や疑問・解消されないままに使わなければならないとあればストレス解消のための製品で逆にストレスが溜まってしまいます。

それよりは専門に取り扱うサイトからの利用こそがいいのです。

ドラッグストアでも取り扱われるようになり、使い方などのフォローが受けられるまでにはまだまだ時間はかかりそうです。”